MERIT

求人広告と何が違うの?

求人広告で応募するのと何が違うの?

自分で求人広告をチェックし応募するのと、エージェントサービスを利用して転職活動を行うのでは何が違うのでしょうか。まず、求人広告で応募する場合は、希望する職種や企業の求人を膨大な情報の中から自力で探さなければなりません。また、何か気になることがあっても、問い合わせ、交渉も自分で行うこととなります。「あとで問い合わせよう」「気になるけれど、詳しいことが判らないな」そう思って、転職のチャンスを逃してしまうケースも多いのではないでしょうか。エージェントサービスは、求職者が希望する職種、企業と求人をマッチングし情報を提供、書類選考から面接、給与や待遇の交渉、精神面でのケアまで、転職活動をサポートします。さらに、企業側がライバル企業などに知られたくないために、誰もが見れる求人広告やメディアには載せない「非公開求人」の情報もエージェントはもっています。

■ 企業と求職者とのマッチングを客観的に判断できる
エージェントは、企業側の持つ特性や必要としている人物像などをきちんと把握しています。また、お仕事を探しているご本人の専門分野、経験、職務に対する希望も、カウンセリング面談の中で把握します。女性はライフスタイルやその時々の状況も多様ですから、仕事のみならずその方の人生観にまで話を掘り下げ、おうかがいするのが大切です。人材のニーズと特徴を細かく把握した上で、求職者と、企業側のニーズをきちんとマッチングし、双方が納得する採用を実現します。時には、ご自身が全く知らなかった「新しい可能性」や考えてもいなかったような「ひとつ上のキャリアへのチャレンジ」などもご提案し、さらなる可能性を広げるお手伝いが出来ます。
■ 企業側の詳細な情報やニーズを把握し、求職者に伝えることが出来る
エージェントは、企業側の人事担当者などとも深い信頼関係を作っているため、求人広告に書ききれないような、企業が求めている「本当のニーズ」を知っています。それらの情報をご本人が企業側にきちんと評価していただくためにお伝えし、その企業、人事担当者が持つ「採用のポイント」をアドバイスします。「履歴書」や「業務経歴書」などの書類の書き方や表現方法などのポイントはもちろん、実際の「面接」の前には、十分にご自身の魅力をアピールできるように、コンサルタントとの「模擬面接」を実施し、企業側からのアプローチを想定したものをシュミレーションしておきます。